白さび病 - アブラナ科・アブラナ属

おはようございます。

Javaと全然関係ないんですが(笑)、
この情報は少なそうなので、UPしますね。

小さいながらも畑を試行錯誤で楽しんでいます。
いろいろなものを育てながら、土も育てていきたい。
そう思って取り組んでいます。
ですが・・・

白さび病なんですわ。


最初に発生したのは、今年の1月から2月にかけて。
黄からし菜(アブラナ科・アブラナ属)に発生しました。

もともとは、堆肥にしようと思って育てていました。
辛みの成分が良いそうで。

土を育てるという目標があるので、薬は使わず、
最初は取り除いていましたが、
一向に収まらず。

いろいろとネットで調べていくと、
白さび病らしいことが分かりました。
他の樹木と菌を共生しているらしく、わたしのいる場所では育てるのが難しいことが分かりました。
(もしかしたら。ここの情報が少なくて、断定できず)

泣く泣く全て処分することとしました。

参考にしたページ

http://yasai-sodatu.net/article/77437867.html

他の樹木というのが、ビャクシン類です。

実は、家の垣根として使われていて、その木を見てみると、
去年まではなかった白いものがあるんです。

共生していそうな気がしますよね。

黄からし菜はあきらめましたが、
実は先日、4/20かな?他の野菜でも発生していました。

小松菜。
(ここから写真なし)

小松菜でですか・・・。
って、小松菜も実は、アブラナ科・アブラナ属らしく、そういうことですか・・・と納得。というか、諦めモード。
病気にかかった部分は処分し、良さそうなところは全て摘み取って冷蔵庫に入っています。

去年の秋から冬~今年の春にかけても、小松菜を育てていたのですが、
その時には特に問題はありませんでした。
なので、黄からし菜と同じ種類であるとも知らず。

そして、その隣に水菜を育てているのです。
こちらもアブラナ科・アブラナ属。
早めに取り入れないと、またやられてしまうかも・・・
と、思っているところです。

菌が野菜と木と共生しているとはつゆ知らず。
野菜を育てるのは、なかなかに難しいです。

去年からはなるべく薬は使わず、土の力を蓄えていこうとしていますが、
それだけではなく、いろいろな関係に、難しさを感じているところです。

小さな畑ですが、自然の難しさ、畑はある意味自然ではないところもありますが、どうやって付き合っていくのがいいのか、長いお付き合いになるんだろうな・・・と思っている次第です。
諦めずに続けていきたいと思っています。

って、Javaはどうした~?って(笑)
USBコントローラが使えるかも?!
と、いうことで、調べています。

使えたら、今まで作ったゲームも対応していけたら~と思っています。

先日、白さび病がまた発生したので、こっちを優先して書きました~。

シェアしていただけるとうれしいです。

投稿者:

kinchannn

きんです。 よろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA